バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2014/11/02

Halloween 2014

おととし



去年

と、なかなかの気合で臨んだハロウィンですが、今年はとにかくお金がないのと若干飽きちゃった感があり、何もしないつもりでいました。しかし案の定直前になって何かしたくなり、急遽適当な衣装を見繕うことに。こうなることはわかりきっていた!

パーティ第一弾はMasquerade ball。ハロウィン本番の前々週くらいからあちこちで行われる、仮装よりお手軽な仮面舞踏会ね。某日某所、愉快な仲間勢ぞろいで参加。やっぱり大人数で夜遊びはアガるー。フェティッシュ系のイベントだと聞いていたのでコスチュームは!裸!


行くとか行かないとかウダウダしてて時間がなさすぎた。あちこちに頼んでなんとか全員分チケットおさえてもらって、みんなでMain streetの仮面屋にひとっ走りして仮面買って。5分でタクシーが迎えに来るとか言うから慌ててノーメイクに仮面つけて、プライドのチュチュをひっぱり出してきて、上半身は着るものがなかったので素肌にファーのコートだけ羽織って行った。セビくんはこないだ買ったエロ衣装をデビューさせてごきげん。一緒に行ったルームメイトや友達らは若干引いてたけど会場着いたら他にも裸の人いーっぱいいて馴染んだ笑。

画像掲載了承済み。



※ヌーディストビーチと同じで、撮影ポリシーは厳しいです。

日本のデパートメントHに近い雰囲気ね。こういうところに来るのはスマートな遊び方を知っている真の変態紳士淑女なので裸で踊ってても安全なの。そりゃわたしだってそこらのクラブでいきなり脱いだりしないよ笑!全然セクシーじゃない着衣でも突然身体を触られたり強引にナンパされるクラブが多いのを考えるとこれがどれだけすごい環境かわかる。公民館まるごと貸切のセッティングやエリアごとにジャンルの異なる音楽もさることながら、とにかくオーディエンスが最高!オシャレで楽しくてフレンドリーで、respectfulでawesomeな人たち。みんなのコスチュームすっごかったんだけど、やっぱり露出してる人が多いので写真は撮れなかった。それがマナーだから。わたし的ベストドレッサーは、朝ごはんのコスプレの人。ブラは目玉焼きでできていて、スカートはベーコン、ブーツにシリアルの箱を履いていて、アップにした髪はスタバのカップに巻きついてるの。そこからコーヒーが顔面に滴ってダークブラウンのメイクアップに続いている、というお見事なアイデア。どんなコスチュームもやっぱり手作りにはかなわないね。ステージではボディペイントのコンテストをやっていて幻想的。
途中誰かが火災報知機を作動させて消防車が出動するというハプニングが発生するも、譲り合いの精神で極端な混乱もなくパーティは再開されました。夢みたいに素敵なひとときだった。

さて、パーティ第二弾はハロウィンパーティ。今年のハロウィンはバッチリ金曜日。クラブのチケットなんかは早いうちから売り切れちゃってたんじゃないかな。わたしたちは最近仲良くさせてもらってるパフォーマーのバーンズ・ザ・ドラゴンくんのお宅、ドラゴン城のハウスパーティにお邪魔ー。の前にセビくんちでゆるゆる支度。軒先に小さいカボチャを置いておいたら本当にコスプレ子供がいっぱい来たよ!Trick or Treat言うて!映画の中だけじゃないんだね。もうかわいくてかわいくて、セビくんに「子供が欲しい(直球)」と言ったら「あと五年待って」と言われた。ちーん。

mon amour 


そういえば彼のママはプロのメイクアップアーティストなのであった。わたしはマスクするのでメイクは適当。今年のコスチュームはこれ!



NINJAタートルズのミケランジェロらしいです(見たことないから知らん)。Value Villageが混みすぎてて、一番手前にあったやつを手にとってレジ直行。あんまり気に入らなくて「どうしてもっと早く準備しなかったんだ」とウジウジしてたけど実際着てみたらまあまあかわいかったので結果オーライか。脚が寒々しいと思って買い足した網タイツがブラックライトで光って大正解。

何故か知らない女の子に足マッサージされてる笑

KABUKIスタイルで現れた彼の友達のスティーブンくん。
「ぼくだよ、スティーブンだよ!」と言われるまで誰かわからなかった

宴もたけなわ

モニターで流れているのはカリガリ博士。
趣味いいなあ

もりもり踊ったり、しっぽり話しこんだり、彼が酔っ払ったときにタバコを吸うのがイヤだと言い続けてるのにやめてくれないから喧嘩になったり、愉快な夜。またまたbizarreでawesomeな人々に囲まれて、いっぱい笑ってハッピー!

ところで、カナダでは基本的に個人でやる花火は禁止で、年に一度ハロウィンの日にだけ楽しむことができます(要許可証)。なので一晩中鳴り止みません。これがまた風情があっていいのよ。

まだエロ下着きてる…

翌日は二人ともがっつり二日酔いで、一緒にスムージーを作って労わりあいました。そして酒飲みました。その日、近い将来お酒をやめるかもしれないなーとなんとなく思った。友達が聞いたらびっくりすると思うけど…。恋も、パーティもお酒も、20代でしっかりハジけられたから、卒業も早いのかもしれないね。いや、まだ卒業しないけどね。

ハロウィンが終わったらすぐにお誕生日、そんでクリスマス、そんでお正月です。パーティシーズンを駆け抜けるわたしの身体、あと少しがんばってくれ!

0 件のコメント: