バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2015/07/24

死ぬほど健康になりたい

去年くらいから急に酒に弱くなった。いつものこととは言えひどい二日酔いで寝込む事も多く、さすがにキツくなって時々は飲酒を休むことにした。さて、喉が乾くけどお酒以外に何を飲んだらわからない。甘いものが苦手なのでジュースや炭酸飲料はだめだし、レモンを絞った水も味気ないし、ていうかアルコールが入っていないとなると何を飲んでも惨めな気持ちになる。超高いけど面白いものを置いているオーガニックスーパーのWhole Foodsに駆け込んで酒の代替品を探すことにした。with健康オタクの恋人セビくん。


最近海外ドラマとかでたまに耳にするコンブチャとやらをゲット。これ1本355mlで4ドルくらいする!名前に反し、こやつら昆布茶とは全然関係なく、その正体は昭和50年代に流行ったあの紅茶キノコなんだそうだ。身体にいいということでジンジャーやクランベリー風味に味付けされて今セレブに大人気(笑)らしい。栓を開けるとプシュっと微炭酸。独特の酸味がある。ん?!懐かしい感覚がする!と思ったら発酵のため1パーセント以下のアルコール分が含まれているそうだ。呑まない日はこれをお水で割って飲むことにする。


そしてデトックスついでに、なんと!!!聞いて驚くなかれ、ヨガを習い始めた。ありえねーありえねー。スポーツ嫌いオリンピック代表のこのわたしがよ。いまだに自分でも信じられない。元ルームメイトのニコール姐が最近働きはじめたスタジオのお試し2週間通い放題を購入したので、モトを取ってやろうと毎日欠かさず通っている。

なぜ毎日ヨガに行くヒマがあるかというと、実は先月バイト先の店が買収され従業員全員リストラされたのだ…。がーん。仕事大嫌いなんで別にいいんだけど、今持っているビザがその会社でしか働けないものなので全然よくない。それに伴ってほぼ確定とされていた永住権も危うい状況に。7月に入ってからずっと無職でやることがないので、たまに親友ヘイディ子(無職)と海に行く以外はずっと家で酒を飲んで寝ていた。今思うと軽く鬱ってたのかもしれない、、、いやただ自由を謳歌していただけですけど。そんなわたしを見かねた恋人に促され少し運動でもすることにしたのであった。


身体を動かすのもいやだったけど、ヨガのスピったところが本当にいやでついていけるか不安だった。でも実際やってみると、ヨガの先生は思ったより声が小さいのでスピ部分は何言ってんのかよくわかんないし、一度クラスが始まったら逃げられない状況でひたすら自分の身体と向き合うのはなかなか面白い。そして何がよいって、わたしが体育について最も嫌いだった「どうしてこんなこともできないのか」という残酷な前提が一切ないのがよい。いろんな年齢の生徒さんがいて、それぞれ違った身体の歴史を持っていて、自分にできそうな範囲でやってみましょうというオプションが常に与えられる。

クラスの時間割は日替わりで、都合のよい時間にフラリと行ってもいいし好きなクラスや先生を狙って行ってもよい。ニコール姐の専門はアシュタンガで、主に上級クラスを教えてるのでなかなかタイミングが合わず6日目にしてようやく顔をあわせた。性格がキツくてみんなとは喧嘩になることが多かったけど、わたしにはいつでも優しいお姉ちゃん。いきなり帰国させられることになりまたカナダに戻って来れるかわからないという時には大切なものを貸してくれた。「あげるんじゃないからね。必ず帰ってきて返してよね」という言葉にどれだけ勇気づけられたことか。一緒に住んでいた頃はヘビースモーカーで大酒飲みだった彼女もそういえば、リストラされたのをきっかけに急に健康やヨガに走ったんだよなあ。

薄明かりの中でリラックスしたヨガをする先生が多いのと対照的に、ニコールのクラスは電気つけっぱなしのがっつり運動系だった。声もやたらデカイ笑。でも最後に彼女がしてくれたおはなしはすごく胸に響いて泣きたくなった。日本ではダイエット目的でヨガをする人が多いようなイメージがあるのですが、こちらでは精神セラピー的な役割をだいぶ重視しているようです。ヨガの教えではウンタラカンタラという講釈系ではなく、もともと自分が持っているパワーを引き出してくれるかんじ。一週間続けたら、いろいろあるけどまあなんとかなるじゃろ、なんてったってわたしだし、という気持ちを取り戻す事が出来ました。なんとかするために身体を動かすことも、再びできるようになりました。


それにしても運動するとものすごくお腹が空く。運動したことないから知らなかったよ。考えてみたら普段はビールでお腹が膨れるので食事をほとんど採らなかった。食事は酒のツマミでしかなかった。ヨガ直後は不思議と身体にいいものが食べたくなるので自然食レストランのテイクアウト、のメニューを読みながら自炊。バケツでトスした大量のサラダにたんぱく質一品とゆで卵の献立が定番化している。デザートに今が旬のさくらんぼ、ブルーベリー、数種のナッツ。今までの3倍くらい食べてるのでもしかしたら太るかもしれない。ヨガやって太るってなんやねん。別にいいけどさ。あときちんとご飯を食べるのってものすごくお金がかかる。健康になるのにはお金がかかる。

ソバのサラダとスーパーで買ったサーモン
玄米のサラダと彼ママの彼が釣ったサーモン

ヨガをやる人にはベジタリアンも多いけど、わたしはお肉大好き。運動の後こそ肉、肉。

赤身のレアステーキと栄養たっぷりのアルファルファ

アスリートのごとく鶏胸肉サラダ
好物のカボチャの種を乗せて。

健康であることって本当にいいことなんだろうか。わたしは不健康な自分のほうが自分らしくて好きな気がする。「このわたしが運動とかwww健康とかwwww」とセルフパロディをひととおり楽しんだら、また元の生活に戻ることだろう。

2015/07/03

Foam Party 魅惑の泡パ

シェアハウスのリーダー、ニコくんの30歳のお誕生日は、パーティのメッカ・イビサ島発祥の泡パーティをカナダに輸入しました。これはもう写真見てもらったほうが早いんだけど、

※イメージ画像(パリスヒルトンさん)








こゆこと!!!泡製造機をレンタルしてきて庭に泡を敷き詰めました。泡は火照った素肌にプチプチ心地よく、風にふわふわ舞ってすごくきれい。

焚き火で尻を乾かすレディーたち

ニコのパーティはいつも野郎ばかりで女の子が不足している

ずっと会いたかった夏がやってきた

カナダに引っ越した一番最初の頃からの親友、ビルとヘイディ。

大好きなブリ子。この子頭おかしい笑 
ブリトニー、ヘイディ&ビル、乳首が弱いルームメイトのアドリアン

最近彼女ができて浮かれまくっているルームメイトのシャルル

外人から見るとブリ子はバリバリのアジア人らしい。よくわからんのう

お騒がせトリオ

泡でチンコを作ろうとしているレディーたち


よほどスタイルに自信が無ければ着れないアメアパの白いボディースーツを
図々しく着るちい様。オシャレは度胸

グラビア風


もう出会って3年?!うそ!!!

北国のくせに夏はちゃんと暑い

ハーレム状態のニコ

男子校

このマッチョの人たちコワモテだけどめっちゃ優しい

シャルル<3パウラ
初デートをセッティングしたのはわたしとセビだからな!

これはヒドイ

いつの間にか丸一年以上こやつと付き合ってます!
夜の部。目が据わってる笑

ちょっとしたテクを駆使したライトペインティング

イチャイチャ

わたし就寝後の世界。え?!トキオくん来てたの!

2012年にクレイグスリストの物件広告で出会って以来3年も同居しているニコくん。一時帰国した時もずっと帰る家を用意して待ってくれていた人。両想いだったこともあったけど、恋愛となるとすれ違ってばかりだった。うまく言葉にできず、探り合ってばかりで話し合うことをしなかった。それでも隣同士の部屋に住んでお互いが寝たり起きたり食べたりする気配を毎日感じ続けてきたんだから、やはり特別な絆で結ばれているように思う。

3年間でわたしたちを取り巻く環境はずいぶん変わりました。常時7~10人いるルームメイトは少しずつ入れ替わりを繰り替えし初期メンバーで残ってるのはちいニコのみ。(このへんずっと前からブログ読んでくれてる人しかわからない内輪トーク笑)長年ニコの相棒であったちゃんぴくんの離脱と二人の確執は、シェアハウスを中心としたコミュニティに大きな亀裂をもたらした。先日ちゃんぴの誕生日会が行われたのですが、ニコだけが招待されず、招待されなくても挨拶だけでもと会場を訪れたニコは文字通り門前払いをくらいました。今でも両者と親しいわたしたちはそれを見て本当に落ち込んだよ。

親友を超えた「兄弟」の喪失を埋めるためにニコはわけのわからない女と交際を始めました。ちっとも幸せじゃなさそうなのに、ムキになって彼女とばかり一緒にいてだんだんと二人きりの世界に孤立してゆくニコを見るのは、ヤキモチとか以前に辛いよ。この泡パの前日に二人は激しく言い合いをしていて、もしかしたら暴力もあったかもしれない音が隣の部屋から丸聞こえ。世界でいちばんスウィートだと思った彼はどこに行ってしまったんだろう。あんな風に彼氏に怒鳴られたりしたらきっとわたしはもう二度と男の子と付き合う事ができなくなるだろう。誕生日会直後、仲直りしてないんだからやめときゃいいのに無理矢理彼女とバカンスに出かけなんとニコは逮捕された…!(すでに釈放されて帰国済み)

ニコちゃんぴチヒロの三きょうだいでじゃれあった日々がすごく懐かしい。あの頃は全員恋人なんかいなくても幸せだった。それなのに鈍感で無神経なわたしがぎりぎりで成り立っていたバランスを壊してしまった。自分に自信がないから、自分の行動がじっさい誰かに影響を与えるということがわからないのだ。今もわからない。いつも遅すぎるタイミングで誰かに言われて気付く。

ニコがどんなに変わってもわたしだけはずっと変わらず友達でいたいと思う。わたしがいなくなったら彼は本当にひとりぼっちになってしまうから。

こんな気持ちは言わなくてもいいし、気付いてもらえなくてもいい。わたしはただ黙ってそこに居るだけだ。

お誕生日おめでとう。