バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2013/01/03

二人きりのクラブ・パーティ

FBやTwitterで次々流れてくるおせち画像のせいか、渡加以来初のホームシックに見舞われました。前回の記事でも触れたけど、こっちではお正月にごちそうを食べる習慣がないのよね。もうクリスマスに済ませちゃってるので。ここ数年はお正月に家族と「もう当分蟹はいいや…」というほどの量の蟹を食べるのが正月の恒例行事となっていたので、食べないとどうにもこうにも年明けたって感じがしないよー。と言ったら彼が買ってくれました。わーい!



Yat Ming Seafood Market
670 Kingsway Vancouver BC
営業時間 月~日 11:00-7:00


彼の家の近所なのだ。活きた蟹はT&Tや普通のスーパー、魚屋などいろんなところで買えると思うんですがここは専門店。ぐるっと四方を囲む生簀の中に蟹やロブスターや海老がたくさん!値段は量り売り、大きな蟹(品種不明)3杯で50ドルくらいでした。安いのか高いのかわからん。思ったより高い。元気な中国系のおばちゃんがここでカットしてあげようかと聞いてくれたんだけどなんとなく生きたまま持って帰りたくてノーサンキュ。 Annie Hallのこのシーンを再現したかったのもあり。









「すまんな、相棒」とかなんとか話しかけてる彼。ねえねえ、ところでこのモミアゲどう思う?彼だけじゃなくてニコ(ルームメイト)とかもこの直角モミアゲで、「ああ美容室で失敗されちゃってかわいそう」と思ってたんだけど美容室行くたびこうなってるからこっちではこれが普通みたい。うちの彼はともかくとしてニコはサイドにEXILEのようにそりこみを入れたりしていてけっこうオシャレに気を使っているはずなんだけど何故かモミアゲは直角なの。悲しい。

わんこがすごい恐がってた

逃げ出そうとする蟹
巨大な鍋に湯をわかして生贄の蟹たちを投入。。。15分ほど茹でた。ここから興奮しすぎて写真撮ってないんですが、彼が流水で蟹味噌をシンクにさっさと流したので普段温厚なわたしもさすがにマジギレ。2匹目から「一滴もこぼすな!」とか言ってスプーンですくって食べたら彼が「うわあああああ内臓食べてる!キモイ!キモイ!」と大爆笑してたけど蟹味噌おいしかったので動じませんでした。騒ぎを聞きつけて出てきた彼ママも超ウケてた。蟹味噌食べただけで家族に暖かい笑いを届けられたので満足。


さて、蟹の身のほうなんですが、まずは何もつけずに素材の味を楽しみましょう!これが…ん、んんん!そんなにおいしくない!笑。なんか蟹の味があんまりしないんだよね。ガーリックバターソースにつけると超おいしかった。つまりガーリックバターソースがおいしかった。やっぱり彼はお料理が上手だ。蟹を食べると無口になるのは世界共通なので黙々と平らげましたとさ。おわり。


おせち食べたい。。。シュン

0 件のコメント: