バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2012/10/29

ムーンライト伝説

今年のハロウィン(31日)は週のド真ん中平日なので、多くの人はその直前の週末にパーティに出かけます。海外で過ごす初めてのハロウィン、衣装のほうはけっこう気合いを入れて早めに準備していたんだけど、肝心の夜遊びプランが当日になっても不明というグダグダ具合に。。。というのも普段いつも一緒に遊んでるルームメイトのニコとちゃんぴがこの大事な日に限って珍しく出張でバンクーバーにいないというタイミングの悪さ。適当に友達の連絡待ちをしてたんだけどボーっとしてる間にクラブのチケットが売り切れてしまい、ハロウィン難民。結局ギリギリになってルームメイトのニコール姐のお友達のパーティに混ぜてもらうことに。
 
 
今年のちひろうさぎのコスチュームはこれだ!!!!!!
 
 

 
じゃーん!憧れの美少女戦士セーラームーンだよ!わたしドンピシャリのセーラー世代なんです。でも健忘症につき不思議と懐かしさはないんだよね。なんだっけ…?たしか好きだった気がする。
この衣装はなんとセミオーダーで仕立ててもらいました。とにかくチビなので市販のコスチュームはブカブカなのよ。肩のディテイルとか凝っててすごくかわいいの。ヅラとブーツはVallue Villageで。ちょうどいいものがトントンと見つかっておもしろかったです。赤のロングブーツなんてどこに売ってるのよ…と思ってウロウロしてたら目の前にあった。古着。わかりづらいけど膝の下がV字になっていてまさにセーラームーンのそれなのです。本当は変身スティックも欲しかったんだけどコレクターズアイテム扱いになってて超高価だった。
 
今宵のわたしの保護者は一緒に住んでるニコール姐さん。まさに姐さん!というかんじで、何でも相談できる飲み仲間でもあります。下ネタが盛り上がるのは世界共通なのです。
 

『サウスパーク』のSexual harassment panda!!!!!!ただのパンダじゃないところがポイントらしい。わたしは元ネタを知らなかったんだけどみんなは知ってて爆笑してた。スモーキーな囲み目メイクはわたしがやってあげました。


出陣前の記念撮影。左のカトリーナのパーティに行きたかったんだけどチケットSOLD OUT。がーん。いつもほぼ同じメンバーで遊んでるからたまには新しい世界を開拓するのもいいかもよ、と前向きに考えることにする。

いつも運転してくれるニコがいないので電車移動。。。ていうかハロウィンってもうちょっと早い時期にやってくんないかなあ。すでに雨季のバンクーバー、雨で気温2度。気合いで上着なしの美少女戦士。負けるわけにはいかないのだ。

 



 ダウンタウンのバーでニコールのお友達と待ち合わせ、軽く飲んだ後タクシーでノースバンクーバーへ。遠ッ!なんでもダウンタウンのクラブや、むしろストリートも危険なほど混雑するらしくあえて遠出しました。まあ車で20分くらいなんだけどね。タクシーは日本に比べると若干安い印象があります。でも基本的に電話で呼ばないと来ない。


 
 

 

セーラームーンが有名なのでビックリ!カナダでも放映されてたらしくて誰でも知ってるみたい。「生きてるアニメだ!」と大人気でした。

ニッキーはCAなのでお友達も航空業界の人たちです。玉の輿キボンヌ。なにしろアウェーで最初はモジモジしてたんだけどお酒が入ったら元気になった。踊りまくり!閉店になっても踊り足りず、でもダウンタウンのクラブなんか入れないんでしょう?とその後のプランを考えていたら先週末のパーティでナンパされていやいや電話番号を渡してしまった男性から電話、パーティに来いとの誘い。ノースバンにいると言ったら車で迎えに来てくれると言う。友達の友達ってかんじでわたしはよく知らない人だし、ニッキーは友達と残るって言うし、一人でよく知らない男の車に乗るなんて怖すぎるよね。。。とか考えてる間に彼到着。そしたらニッキーが彼を捕まえて目をガン見しながら「いいか?あんたの顔覚えたからね。ちいちいにもしもの事があったら、あたしがあんたを殺すから。殺すから!!!!!アイル キルユー!」と超真顔で何回も言っててこわかった。ははは。でもなんか見なおしちゃったわ、姐さん!到着地点の住所と彼の電話番号をメール、しなかった場合は警察を呼ぶことを約束しノースバンにバイバイ。車の中でドラゴン(本名、苗字)が「いやーすごい関心しちゃった。ぼくが彼女の立場だったらきっと同じこと言うと思うけど、いいルームメイトでよかったね」ってしきりに褒めていた。本当にわたしはルームメイトに恵まれてる。彼ら彼女らがいなかったら、何も始まらなかった。

これがその男、ドラゴンである。いい人でした



 
これもサウスパークネタらしい。
写りこんでいる流線はセーラームーンの髪です

向かった先は二階建ての巨大なお宅のホームパーティ(というのは和製英語で本当はハウスパーティという)。外人は踊るのが好きなので日本の宅飲みと違ってスピーカーたててDJブース作ってレーザーだのミラーボールだの使ってまるっきりクラブと同じノリで遊ぶんだけど苦情とか来ないのかな?いつも疑問だわ。みんな超いい人で暖かく迎えてくれてとっても楽しかったわん。明け方ドラゴンがタクシーを呼んでくれて代金も払ってくれて帰宅。焼きそば作って食べてセーラー戦士は普通の女の子に戻るのでした。

本当はニコちゃんぴーと遊びたかったけど、いつも二人がわたしを守るのに敏感すぎて知らない男の子と話すのも、なんなら見るのも(笑)許されないから、初めて一人で大冒険していい機会でした。でも正直彼らがいたらなあと何回も思ってしまったよ。家が一番。


留守の間フェレットの面倒を見てあげたお礼にと、ニコが鉢植えの花をくれた。キャー!お礼ならばわたしのキャラクター的にビール1ダースでもくれそうなものだが、あえて花をくれたというところにキュンとしてしまった。

0 件のコメント: