バンクーバー在住6年目、世界を股にかけるフリーターちひろうさぎの日記と映画レビュー。

2015/09/09

Something about summer

なにげに初めてPNEに行ってきた。バンクーバー唯一の遊園地で、夏期限定オープン。最終日に滑り込み。


The Fair at PNE (毎年8月下旬から9月始めまでオープン)
2901 E Hastings Street
Vancouver, BC




まさに『アドベンチャーランドへようこそ』の世界だ!





ニコ彼女のナディーン(あんなに嫌いだったのに最近けっこう仲良い)、
ニコ、クレマン
ちひろ、シャルル
恋人のセビくんはバイトのため欠席

映画では射的や輪投げは細工がしてあって絶対に景品が取れないという設定だったが、ここはけっこう誰でも取れるらしく巨大なぬいぐるみを背負って歩いてる人も多かった。一番豪華な賞品はiPadで、これもけっこうゲットしてる人を見かけた。


この、不安定なはしごを昇るチャレンジに男子たちがものすごくムキになっていた。ほとんどのゲームは一回5ドルで、まあ普通に高い上に勝ったところでもらえるのはヌイグルミだし、あんま射的とか得意じゃないわたしは全く興味が湧かなかったけど、お祭りっていうのはそういう問題じゃねえと言ってあっという間に一人100ドルくらい使っちゃったうちのルームメイトたちはきっと正しい。

数え切れないほどの食べ物の屋台も出ている。ポップコーンにコーンドッグ、綿菓子にアイスクリーム、レモネード。どの店もレトロな装飾がかわいい。




↑これはチーズケーキやショートケーキを揚げたもの屋。さすがにカナダ人も引いていた。

BBQ Rib選手権的な、有名店のリブ食べ比べができる企画があったのでわれらはそこのリブを食べた。お酒が飲めるスペースも二カ所あった。当然ビールいっとくでしょ。

アトラクションはけっこう本格的なのだがとにかく高い。14歳以上の入園料$16(オンライン割引$13)に加えて、乗り物チケットが一枚$1.50。ジェットコースター類は7枚消費。乗り物乗り放題が$42.75(オンライン割引$39.75)。けっこうお金かかるねー。まあ観光地っすからね。みんな飲酒していたので回転系は気分が悪くなり、ジェットコースター(英語ではRoller Coastersだよ)系に専念。


今日で最後の遊園地。若い子が目だつバイトちゃんたちも、この日がお仕事最終日。翌日9月8日は新学期の始まりで、ああ本当に夏が終わるんだなあという雰囲気が、レトロな風景とあいまってどこかせつない。

暗くなってから、わたしのことを好きだと言うルームメイトと二人で高いところでクルクル回るのに乗った。思いのほかこわくて目をつぶった。この夏の半分は彼でできている。


肌寒くなったのでみんなでおうちに帰ってBBQ。BBQも今年はもう最後かなあ。

暑くなってから二ヶ月以上も仕事ができなかったのでまるまる遊んで暮らした。ビザのことで悩みすぎていつも上の空だったけど、宝物の瞬間もたくさんあったように思う。日本でもカナダでも、夏は人を狂わせる。神がかったモーメント。あれはなんだったんだろう。真夏の雨のように、18、9が蒸発して、もう戻らない。

バンクーバーでは近年でも珍しいほどの乾いた夏で、厳しい節水義務が出た。噴水は止まり、芝生は枯れた。

今年のテーマソングはこれ。


Charli XCX - Boom Clap
(あっ、リリースは去年だ、、、)




























夏が終わってもカナダにいられますように。来年の夏もまたカナダにいられますように。

0 件のコメント: